みなさんはシリカ水って試したことはありますか?

 

シリカは、私たちの体を構成している成分と同じという点で注目されている成分の一種になります。

 

 

参考記事:SILICON AND BONE HEALTH(シリカと骨健康に関して)

 

シリカ水を毎日飲むことで健康面だけでなく美容面でも高い効果が期待できると言われています!

 

インスタグラムでも毎日画像が上がってきています。

 


 


 

Rieさん(@rietty1211)がシェアした投稿 -


 

そんなシリカ水をお得に購入できる、人気のキャンペーンをランキングにまとめました。

 

「シリカ水を試してみたいけど・・・」とお考えの方はぜひ見てみてください♪

 

効果が出やすく人気のシリカ水 おすすめ比較ランキング

ガイヴォータ

ガイヴォータの特徴
シリカ水には珍しい軟水で出来た「ガイヴォータ」

初めて注文の方は、2ケース48本を、1ケース分の価格で買えちゃいます♪
>>お得なキャンペーンを見てみる
価格
3,980
評価
評価5
ガイヴォータの総評
中硬水や硬水のシリカ水が多い中、ガイヴォータは珍しい軟水のシリカ水です。
シリカも1リットルあたり53mgと、1日分に必要な量は十分に入っています。

味・品質に自信を持っているため、「飲みにくい」「味が気に入らない」といった理由でも返金保証を設けております。
初回の価格 \3,980
1本あたりの価格 \83
2回目以降の価格 \3,980
2回目以降 1本あたりの価格 \166
定期縛り なし
シリカ量 53mg/l
pH 7.3
硬度 46mg/l(軟水)
産地 北海道乙部町
返金保証 15日間返金保証
シリカビヨンド

シリカビヨンドの特徴
天然水に含まれるシリカ+結晶シリカのWシリカを配合。

シリカ含有量は全商品の中でも随一!
>>お得なキャンペーンを見てみる
価格
2,700
評価
評価4
シリカビヨンドの総評
ガイヴォータと同様に、軟水のシリカ水が「シリカビヨンド」です。
南阿蘇の天然水に含まれているシリカに加えて、結晶になっているシリカを追加したWシリカ。

その為、シリカの含有量は随一。
ただし、パウチタイプのため持ち運びは不便そうです・・・。
初回の価格 \2,700
1本あたりの価格 \135
2回目以降の価格 \3,780
2回目以降 1本あたりの価格 \189
定期縛り なし
シリカ量 125mg/l
pH 9.5
硬度 35mg/l(軟水)
産地 熊本県南阿蘇村
返金保証 なし
玉肌シリカ天然水

玉肌シリカ天然水の特徴
当サイト経由からお申込みで、500円で3本お試しが出来るキャンペーンを実施しています。
>>お得なキャンペーンを見てみる
価格
2,540
評価
評価3
玉肌シリカ天然水の総評
宮崎県産の中硬水を使って作られているのが「玉肌天然シリカ水」です。

今なら500円で3本お試し購入ができるキャンペーンが行われています。

なお、本品を定期購入する際には「最低6回」の購入回数が決まっているので、ご注意ください。
初回の価格 \2,540
1本あたりの価格 \106
2回目以降の価格 \3,264
2回目以降 1本あたりの価格 \136
定期縛り 6回以上
シリカ量 97mg/l
pH 記載なし
硬度 130mg/l(中硬水)
産地 宮崎県小林市
返金保証 なし

 

以上紹介させていただいたシリカ水を一覧にしてみました。

 

 

ガイヴォータ

シリカビヨンド

玉肌シリカ天然水

初回の価格

\3,980

\2,700

\2,540

1本あたりの価格

\83

\135

\106

2回目以降の価格

\3,980

\3,780

\3,264

2回目以降 1本あたりの価格

\166

\189

\136

定期縛り

なし

なし

6回以上

シリカ量

53mg/l

125mg/l

97mg/l

pH

7.3

9.5

記載なし

硬度

軟水

35mg/l(軟水)

130mg/l(中硬水)

産地

北海道乙部町

熊本県南阿蘇村

宮崎県小林市

返金保証

15日間返金保証

なし

なし

 

「まずシリカ水を試してみたい」という方には、軟水で飲みやすく返金保証もついている”ガイヴォータ”がおすすめです♪

 

>>お得なキャンペーンを見てみる

 

「シリカが多く入っているのがいい!」という方は、1リットルあたり125mgのシリカが入っている”シリカビヨンド”がおすすめです♪

 

>>お得なキャンペーンを見てみる

 

 

シリカ水豆知識

女性を中心に、シリカ水が人気を集めています。

 

具体的に、どのような魅力があるのでしょうか。

 

シリカ水の魅力

シリカ水はシリカを含む水のことです。

 

シリカはケイ素という元素のひとつで、微量ミネラルとして私たちの身体を構成しています。

 

具体的には、骨や皮膚、髪の毛、血管などに存在します。

 

ケイ素を含むシリカ水には、どのような働きを期待できるのでしょうか。

 

コラーゲンの生成を促進

シリカ水に期待できる働きのひとつが、体内でコラーゲンの生成を促進することです。

 

シリカが多く含まれる肌で、コラーゲンの生成を助ける働きがあるといわれています。

 

シリカが、コラーゲンと密接なかかわりにあるヒアルロン酸やエラスチンを構成する成分であることも見逃せません。

 

これらはいずれも、肌のハリや弾力に関わる成分です。

 

 

私たちの肌は、外側から表皮・真皮・皮下組織の順に構成されています。

 

これらの中で、肌のハリや弾力を支えているのが真皮です。

 

コラーゲンは、真皮でネットのように張り巡らされています。

 

線維状のコラーゲンをネットのようにつなぎ合わせているのがエラスチンです。

 

伸縮性に富むエラスチンがネット状のコラーゲンを支えることで、肌のハリや弾力が生み出されます。

 

コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めるように存在するのがヒアルロン酸です。

 

わずか1グラムで6リットルもの水分を保持するヒアルロン酸は、肌の潤いを保つ役割を担います。

 

シリカが関わるこれら三つの成分がバランスを保つことで、肌のハリや弾力は保たれているのです。

 

 

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、様々な原因で劣化・減少します。

 

加齢や紫外線、ストレス等の影響で活性酸素が増えると、コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞の働きが衰えるからです。

 

コラーゲンなどの劣化が始まりやすいとされているのが30代です。

 

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が劣化すると、肌のハリが失われてシワができやすくなる、毛穴の開きが目立ちやすくなるなどといわれています。

 

心配な方は、コラーゲンなどの維持を心がけることが重要です。

 

 

コラーゲンは、丈夫な骨の維持にも関わっています。

 

丈夫な骨の指標として用いられているのが骨量です。

 

骨量は、骨を構成するカルシウムの量などで決まります。

 

骨量とともに重視されつつあるのが骨質です。

 

骨密度が高くても骨折しやすいことがあるからです。

 

骨質は、骨に含まれるコラーゲンのことです。

 

コラーゲンが劣化すると、骨が弱くなると考えられています。

 

しなやかさが失われ脆くなるからです。

 

ちなみに、シリカには、カルシウムの吸収を助ける働きもあります。

 

この面からも丈夫な骨の維持に関わっていると考えられます。

 

コラーゲンの生成とカルシウムの吸収に関わるシリカは、丈夫な骨の維持に役立つと考えられています。

 

美しい肌や爪、髪を維持

シリカには、肌や爪、髪の毛を美しく保つ働きもあるとされています。

 

美しい肌を保つとされる理由は、コラーゲンの生成を促進するとともにエラスチンやヒアルロン酸を構成するからです。

 

シリカには、潤いとハリのある健康な肌に導く働きが期待できます。

 

 

シリカが爪や髪の毛を美しく保つといわれる理由は、爪や髪の毛を構成するタンパク質の生成などに関わる成分だからです。

 

爪や髪の毛を構成するタンパク質がケラチン、コラーゲンです。

 

例えば、髪の毛は9割以上がケラチンから構成されます。

 

ケラチンは、18種類のアミノ酸から成り立つタンパク質の総称です。

 

爪や髪の毛を構成する硬ケラチンと皮膚の角質層を構成する軟ケラチンに分かれます。

 

ケラチンやコラーゲンの質・量が低下すると、爪に縦線が入る、爪がはがれる、爪が割れやすくなる、髪の毛のツヤがなくなる、髪の毛が切れる、髪の毛が抜けやすくなるなどといわれています。

 

これらのトラブルは、ケラチンとコラーゲンに関わるシリカが不足することでも現れると考えられています。

 

 

コラーゲンやケラチンの劣化などで引き起こされる、肌にシワが出来る、爪が割れる、髪の毛のツヤがなくなるなどのトラブルは、一般的に老化の症状と捉えられています。

 

骨や皮膚、髪の毛などのシリカを蓄える能力は、20歳ごろを境に低下します。

 

このことから、シリカは老化の症状にも一定の影響を与えると考えられています。

 

肌のシワや爪の割れなど老化の症状が気になる方は、積極的にシリカを補ったほうが良いでしょう。

 

シリカ水を選ぶときに注意したいポイント

効率よくシリカを摂れる製品がシリカ水です。

 

シリカはワカメなどの食品に含まれていますが、含有量が多くないため食品から十分な量を摂ることが難しいとされています。

 

また、食品により生体利用率は異なるため、摂っているつもりでも身体で活用されていないことがあります。

 

飲用水に含まれているシリカは、生体利用率が高いとされています。

 

シリカ水は、シリカの合理的な摂取方法と考えられます。

 

シリカ水にも様々な種類があります。

 

効果が出やすく飲みやすいシリカ水は、どのように選べばよいのでしょうか。

 

1リットル当たりのシリカ含有量

シリカ水を選ぶときに注意したいポイントがシリカ含有量です。

 

よく似たシリカ水であっても、製品が異なればシリカ含有量も異なります。

 

シリカ含有量を評価するときは、ミネラルウォーター1リットル当たりのシリカ含有量を基準にすると良いでしょう。

 

日本国内で販売されている一般的なミネラルウォーター1リットルには、おおよそ10rのシリカが含有されています。

 

これより多ければ、シリカを効率よく摂れるシリカ水と考えることが出来ます。

 

 

基本的には、1リットル当たりの含有量が多ければ多いほど、少量のシリカ水で沢山のシリカを摂ることが出来ます。

 

とはいえ、含有量が多ければよいというものでもありません。

 

利用方法に合ったシリカ水を選ぶことも重要です。

 

毎日、沢山のシリカ水を飲む予定であれば、あえて含有量の少ないシリカ水を選ぶと摂りすぎを防げます。

 

反対に、シリカを補給する目的でシリカ水を利用する方は、含有量の多いシリカ水を選んだほうが飲む量が少なくて済みます。

 

単に、含有量だけをチェックせず、利用方法まで考えてシリカ水を選びましょう。

 

シリカ水のpH値

シリカ水のpH値も注意したいポイントです。

 

pH値は「水素イオン指数」のことで、液体が酸性かアルカリ性かを表す尺度です。

 

pHは1〜14までで表され、真ん中の7が中性、pHが7より小さいと酸性、7より大きいとアルカリ性となります。

 

一般的に、酸性の飲み物は酸っぱい、アルカリ性の飲み物は苦いといわれています。

 

このことは、酸性のお酢が酸っぱいことなどからわかります。

 

 

シリカ水のpH値に注意したいといわれる理由は、飲み物のpH値が健康に影響を与えることがあるといわれるからです。

 

身体の体液のpHは、正常では7.4に保たれています。

 

つまり、弱アルカリ性に保たれています。

 

平常時の体液は、酸性に傾きやすい特徴があります。

 

この特徴から、正常な体液に近い弱アルカリ性の飲み物は、健康維持に役立つ可能性がある、あるいは身体に負担をかけにくいといわれています。

 

細かな点までこだわりたい方は、シリカ水のpH値もチェックすると良いでしょう。

 

シリカ水の硬度

最後に注意したいのが水の硬度です。

 

硬度は、水1リットルあたりに溶けているカルシウムとマグネシウムの量を現した数値です。

 

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度120r/l以下を軟水、硬度120r/l以上の硬水をといいます。

 

つまり、軟水はカルシウムなどをあまり含まない水、硬水はカルシウムなどを多く含む水です。

 

WHOの基準とは別に、硬度100r/l未満を軟水、硬度100r/l以上300r/l未満を中硬水、硬度300r/l以上を硬水ということもあります。

 

ちなみに、東京の水道水は、硬度60mg/l前後の軟水です。

 

日本のその他の地域の多くも軟水といわれています。

 

 

硬水のメリットは、カルシウムやマグネシウムを多く含むことです。

 

マグネシウムは下剤にも使われる成分なので、硬水を利用することで便秘の解消を目指す方もいます。

 

不足しがちなミネラルを手軽に摂れる点は大きなメリットといえるでしょう。

 

対するデメリットは、口当たりが重いことです。

 

好みの問題ですが、日本人にはなじみの少ない口当たりなので飲みづらいと感じる方が多いようです。

 

 

軟水のメリットは、口当たりがまろやかなことです。

 

水道水に近い感覚で飲むことが出来ます。

 

また、お腹が緩い方でも安心して利用できます。

 

対するデメリットは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを補給しづらいことです。

 

この目的で飲むにはあまり適していません。

 

 

硬水と軟水の中間に位置するのが中硬水です。

 

中硬水は、硬水ほど口当たりが重くなく、軟水よりミネラルを多く含みます。

 

硬水と軟水のメリットを兼ね備えるので利用しやすいかもしれません。

 

ただし、硬水と軟水のデメリットを兼ね備えるとも言えます。

 

最終的には、目的と好みで選ぶことになるので、いろいろと試してみて利用しやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

シリカ水の適量は?1日どれだけ飲めばよい?

シリカ水を利用するにあたり、気になるポイントが1日何リットル飲めばよいかです。

 

たくさん飲めば飲むほど健康や美容に役立つと思われがちですがそうではありません。

 

他のサプリメントと同じく、適量をわきまえて飲むことが重要です。

 

 

シリカ水の適量はシリカの必要量から導き出せますが、現在のところシリカの必要量が分かっていません。

 

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」にもシリカの摂取量や推奨量などは記載されていません。

 

そこで参考にされているのが、成人が1日で消費するシリカの量です。

 

個人差があるとされていますが、成人で1日10〜40r程度のシリカを消費すると考えられています。

 

この量を補うため、1日当たり10〜30r程度のシリカを摂ることが勧められています。

 

 

効率的な飲み方に関しても、様々な意見があります。

 

ミネラルなので、基本的には食後に摂ると吸収しやすくなると考えられています。

 

飲むタイミングまでこだわりたい方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

通常の食品に含まれる量のシリカの摂取は安全と考えられていますが、摂りすぎるとトラブルを起こす恐れがあります。

 

シリカ水を利用する方は、メーカーが定める摂取量などを参考に利用しましょう。

 

シリカ水をお得に購入できる公式サイトのキャンペーン

様々な働きを期待できるシリカ水ですが、実感するにはある程度の継続が必要になると考えられます。

 

少しでもお得に購入したい方は、各メーカーが公式サイトで行っているキャンペーンを活用すると良いでしょう。

 

キャンペーンとは、メーカー公式サイトで不定期に開催されるお得なイベントです。

 

利用することで、特別割引を受けられる、限定グッズをもらえるなどの特典を受けられます。

 

 

不定期開催のイベントなので、タイミングによってはキャンペーンを利用できないこともあります。

 

次回の開催を待ちたくなりますが、待つことはオススメできません。

 

不定期開催なのでいつ開催されるか分からないからです。

 

公式サイトから購入しておけば、利用できるキャンペーンが開催されたときに通知を受け取れることが多いようです。

 

このときに購入すれば、損をすることはありません。

 

シリカ水をお得に利用したい方はキャンペーンの有無にかかわらずシリカ水を購入して、次回キャンペーンを待つと良いでしょう。

 

まとめ

シリカ水は、ケイ素を含む飲用水です。

 

シリカには、コラーゲンの生成を促す働きやケラチンの生成を促し、肌、爪、髪をきれいに保つ働きなどを期待できます。

 

シリカの生体利用率は食品により異なります。

 

飲用水は生体利用率が高いとされるので、シリカの補給に適していると考えられます。

 

シリカ水を選ぶときは含有量のほかpH値や硬度に注意しましょう。

 

これらにこだわることで、満足できるシリカ水を選びやすくなるはずです。

 

また、上手に活用するため、トラブルを避けるため、摂取量にも注意が必要です。

 

一般的な摂取量(10〜30r/日程度)などを目安にしてください。

 

シリカ水の購入は、公式サイトのキャンペーン利用がお得です。

 

シリカ水に興味のある方は公式サイトでキャンペーンをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。