妊娠中のデリケートな時期でもガイヴォータを飲むことは出来るのでしょうか。

 

気になるポイントを解説いたします。

 

>>お得に買えて、おすすめのシリカ水ランキングはこちら

 

ガイヴォータは妊婦さんや赤ちゃんでも飲める?

ガイヴォータの販売元である北海道乙部町マルシェによると、妊娠中、赤ちゃんであってもガイヴォータを飲むことは出来ます。

 

デリケートな赤ちゃんでも飲める理由は、ガイヴォータの硬度にあると考えられます。

 

日本小児科学会などによると、小さな子どもにミネラルをたっぷり含む硬度の高い水は適していないと考えられています。

 

小さな子どもは血漿成分の調整力が未熟だからです。

 

具体的には、硬度100以上の水は適していないと考えられています。

 

ガイヴォータの硬度は43r/lです。

 

高度が低いので赤ちゃんであっても安心して利用できると考えられます。

 

シリカなどのミネラルを含みますが、ガイヴォータは口当たりの良い軟水です。

 

妊婦さんや赤ちゃんであってもおいしく飲むことが出来ます。

 

妊婦さん、赤ちゃんはどのように利用すればよいのでしょうか。

 

 

最適な飲み方とは?

ガイヴォータを利用したい妊婦さん、赤ちゃんは次のポイントに気をつけましょう。

 

赤ちゃんはどのように飲ませればよい?

現在のところ、シリカの必要量はわかっていません。

 

もちろん、赤ちゃんの必要量も分かっていません。

 

ガイヴォータの推奨量も決まっていませんが、赤ちゃんであれば1日当たり500ml程度を目安に飲むと良いようです。

 

ミネラルが気になる方は、少しずつ慣らすと良いでしょう。

 

1日当たり250ml程度から、様子をみながら増やすと安心です。

 

ガイヴォータはミルクや離乳食などに混ぜることが出来ます。

 

赤ちゃんに飲ませたい方は、ガイヴォータでミルクや離乳食を作ってみてはいかがでしょうか。

 

妊婦さんはどのように飲めばよい?

妊婦さんに対するガイヴォータの推奨量も決まっていません。

 

基本的には、水と同じ感覚で水分補給に利用すればよいようです。

 

ガイヴォータでお茶などを淹れることもできます。

 

あるいは、料理に利用することもできます。

 

ガイヴォータでお米を炊くとふっくらと仕上がる、煮ものを作ると煮崩れしにくいといわれています。

 

普通の水より料理がおいしくなるので、料理への利用もオススメです。

 

ちなみに、シリカは熱に強いとされるので、調理しても摂取できます。

 

まとめ

妊婦さん、赤ちゃんであってもガイヴォータを利用することは出来ます。

 

赤ちゃんは、ミルクや離乳食に混ぜて利用すると良いでしょう。

 

ミネラルが気になるときは、少量から始めてみてはいかがでしょうか。

 

妊婦さんは、水分補給に利用できます。

 

あるいは、お茶や料理などにも利用できます。

 

ガイヴォータでお米を炊くとふっくら仕上がる、煮ものを炊くと荷崩れしにくいといわれています。

 

シリカを摂れるだけでなく、料理がワンランクアップする点も魅力です。

 

シリカ水を利用したい妊婦さん、赤ちゃんは、ガイヴォータをご利用になってみてはいかがでしょうか。

 

>>お得に買えて、おすすめのシリカ水ランキングはこちら